投資

株式などの投資を始めるにあたって必要なものとしては、まず証券会社の証券口座が挙げられます。証券口座は証券会社へ必要書類と住民票の写しなどの身分を証明するものを郵送することで、簡単に開設をすることができます。証券口座では一般的に総合口座を開設することによって、個別株式や各種の投資信託などの取引が可能となってきます。また、近年では少額投資優遇税制を受けるために、NISA専用の口座を改めて開設する必要が出ています。
机に乗っている現金と電卓とチャートこのNISA口座があれば、年間120万円までの投資に対する配当や株式譲渡益を非課税扱いにすることが可能となってきます。次に投資を始めるにあたって必要なものとして、ある程度の投資資金が挙げられます。投資資金については証券口座へ入金をすることで、資金の範囲内で自由に株式などの取引をすることができるようになってきます。資金の額としては単位株を購入する場合には数十万円程度が必要となってきます。しかし、投資信託ならば1万円程度で購入が可能となっているため、資金は少額であってもとくに問題はないです。次に必要なものとしては、パソコンと通信回線が挙げられます。近年ではネットを通じて取引をする人が多くなっています。したがって、自宅にパソコンと固定回線があることが望ましいです。
PCで見ている株価チャートまた、ネットに接続したパソコンがあると、企業の詳しい情報や各種のチャートを簡単に見ることができるために、今の時代では必須の環境となってきています。なお、最近では専用のアプリを使って、タブレットやスマートフォンでも取引ができるようになってきています。そのため、今はタブレットやスマートフォンがあると、さらに便利に取引ができることが期待できます。