初めての人向けの投資ってどんなの?

資産運用に慣れていない初心者には、投資信託がおすすめです。投資信託とは、それぞれの顧客からお金を集めてまとまった額を使って、資産運用の専門家が株式や債券を購入して利益を出すことです。集めたお金の使い方はその会社によって異なります。株式や債券を買うには大金が必要ですが、全員が少しずつお金を持ち寄るので1万円から始められます。投資で大きな損をしないためには、リスクを分散するためにより多くの種類の金融商品を買うことが大切ですが、個人で全てを負担するのは難しいです。投資信託では経済や金融の専門家が購入する商品やタイミングなど全てを行っているので、リスクを抑えながらも個人では手を出しにくい商品まで利用できます。取引価格の基準価額を公表することがルールなので、どのくらいの資産があり、市場でどのような動きを見せているかが毎日チェックできます。決算の時は監査法人が関わるので、不正を防ぐ仕組みも確立されています。ただし投資信託では元本は保証していません。よって国内外の情勢が変化することで株式や債券の価値が大きく値下がりしたり、金利が変動すれば債券の価値も変わってしまいます。運営している会社によってどのような金融商品に力を入れているかが異なるので、損をする要因も違います。初心者であっても利益だけでなくリスクも考慮して、契約する会社を選ばなければなりません。投資信託の運用が順調であれば、顧客にはその利益が分配されます。一方で運用に失敗しても投資額に応じて顧客が負うことになるので、最終的に投資をするかどうかは自分で決めなければなりません。短期間で値動きが激しい市場も、長期的に見れば変動は小さいこともあるので、一時的に損をしても価値が上昇することもあります。