初心者が陥りやすい投資の落とし穴

初心者が投資をする時に陥りやすいものとして、損切りを徹底しすぎて損失が膨らみ、今度は損切りをしないで更に大きな損失を出してしまうというパターンです。投資の入門として損切りをしっかりするというのは基本的なことなのですが、初心者のうちはそれを守ろうとして早めに損切りをするも何度も買値まで戻ってきてしまい損切り貧乏になってしまうというパターンが有ります。実際、損切りをするというのも簡単なものではなくすぐにポジションを解消した方がいいものもあれば、様子を見ても良いものというのがあります。しかし、初心者はその見分け方ができませんから最初のうちは何でも損切りをして、ただ損失だけが増えてしまうということはよくあることです。そして、それが続くと損切りをしなかったほうが得をしていたと思うことが多くなり、今度は損切りをしなくなってしまうのですが、最初のうちは何度か上手くいくかもしれませんが、それで味をしめてしまうと本当に損切りをすべき状況になったにも関わらず、また戻ってくると傍観をしてしまい取り返しの付かないぐらいの大きな損失を出してしまうことがあります。何でもかんでも損切りをしていればいいということにはなりませんが、損切り自体は絶対に必要なものであるため、大きな損失を出して損切りができなくなってしまうよりは、早めに損切りをするようにしておいたほうが長い目で見て有利になります。それでもどうしても上手く行かないというのであれば、損失に耐えられるだけに資金で投資をして例え値が下がったとしても何年でも待つというスタイルで投資をするようにしましょう。
そうでないのであれば、損切りはしっかり行うことが大切です。どうしても自分では判断ができないという場合は投資顧問などを利用してみてもよいでしょう。