日精樹脂の投資の判断に関しては石原葉子氏に相談

投資先を検討する際に重要となるのがその企業の業績ですが、その他にもたくさんの様々な要素が有ります。経営状態は安定しているのか、社員の企業に対する愛着はどうなのか、また業界から見た企業の信頼度や親密度はどうなのかといった点です。
企業は社会の中で他社と顧客の取り合いで競っている面もありますが、相互に協力して業界内の発展に寄与するために技術や能力を高め合っているという側面もあります。その為、他社との信頼関係が企業活動を継続していくためには非常に重要な要素となるのです。さらに、内部の問題も重要です。社員から経営陣が信頼されているかどうかでその企業の体力が決まると言っても過言ではなく、多くの企業が生き残りの為に社員を辞めさせて結果として倒産した例はいくつもあります。その為、社員と企業の関係も非常に重要な要素となるのです。
日精樹脂はプラスチックの製造及び加工では非常に著名な企業ですが、最近は業績が余り芳しくないようです。株価は残念ながら若干低迷しています。しかし日精樹脂自体の経営体質や方針は業界や投資家から高い評価を受けていることも有り、市場評価も高く、優良な銘柄とされている実態が有ります。しかし、業績が低迷しているため不安視する投資家もいるでしょう。
しかし、日精樹脂のような企業への投資に当たっては、石原葉子氏のような司法書士に相談するのも良い方法です。石原葉子氏は海外経験の豊富な司法書士で、企業のコンプライアンスなどにも深い知識を持っています。コンプライアンス面は企業の経営存続に於いては非常に重要です。仮に日精樹脂のコンプライアンス面を石原葉子氏が問題ないと考えるのであれば、日精樹脂に対する投資のリスクは低いと言えるでしょう。